2016年11月29日 (火)

湯河原・幕岩

●11月26日は、日帰りで湯河原幕岩に行ってきました。

予定では、2日間の講習会だったのですが、日曜日が大荒れ予報だったので日帰りに変更。結構混んでいましたが、桃源郷、アリババ周辺で登りました。桃源郷は、能率良くロープをセットできるので、5.7~5.10bまで9本登り指の皮が痛くなったので終了。

お疲れ様でした。

Dscf8668

Dscf8670

Dscf8673

Dscf8674
◆明日は、四谷の山の店「デナリ」で、登山学校、机上講習会です。

12月2日から12月11日まで、ラオス・ターケークにクライミングに行きます。

|

2016年11月23日 (水)

星穴岳

●11月23日は、妙義山・星穴岳に行ってきました。

金剛山・西岳最後の岩場で、右方向に新しいボルトが打ってあったので、直登は避け登ると、どうやら、西岳から北方向に延びる尾根に出るようです。下降ロを確認しているとなんと、高校山岳部同期の岳友Tさんに会い、これはビックリ。

星穴岳まで縦走し、ハイライトの空中懸垂20mで「射き穴」に下降、さらに40m下降して下山路に合流、時間が早いので「むすび穴」を往復、中之岳神社に戻りました。

夜から雪になるとは思えない晴天に恵まれた5時間の楽しいハイグレードハイキングでした。

Dscf8643

Dscf8646

Dscf8647

Dscf8655

Dscf8657

Dscf8660

Dscf8665
●今週末は、湯河原・幕岩と南伊豆・妻良のマルチです。だけど、日曜日天気悪そうですね。

|

2016年11月22日 (火)

大堂海岸

●11月18日から22日にかけ、高知県・大堂海岸に行ってきました。

4日間のクライミングで2日間雨に降られましたが、日当たりの良い花崗岩なので、すぐに乾いて登れるところが嬉しいですね。黒潮が洗う明るい磯に、白い花崗岩の壁がそそり立っています。日本離れしたロケーションの中で、質の高いクラックを登るのは、本当に楽しいものです。

Dscf8618

Dscf8624

Dscf8632

Dscf8637
◆明日は、妙義山・星穴岳に行ってきます。

|

2016年11月17日 (木)

モンチュラ+廣瀬ダイレクト+それいけ避難小屋+メルー

●11月11日から12日にかけ、第15回モンチュラ登山教室を小川山にて開催しました。

初日は、クライミング経験のない方は、フェニックスの大岩、経験者はガマスラブ周辺で講習会を開催しました。夜は、全員にモンチュラ製品が当たる恒例の大抽選会。2日目はストリームサイドエリアでクライミングを楽しみました。

今回は34名のご参加と盛大でした。次回16回は、岩根山荘の人工アイス「アイスツリー」で開催します。是非、お越しください。お待ちしています。

Dscf8589

Dscf8591

Dscf8593
●14日は、小川山唐沢岩峰群にある廣瀬ダイレクトを登りに行きました。

4ピッチのマルチルートと短いですが、ランナウとするスラブや最後の手ごわいクラックなど変化に富んでおり、なかなか面白いお勧めルートです。

Dscf8596

Dscf8598
●橋尾歌子さんが、山と渓谷に連載している「それいけ避難小屋」に、甲斐駒、鋸縦走の模様が描かれています。橋尾さんらしい楽しいイラストと文章です。

詳しくは、今月号のヤマケイ(12月号)を読んでみてください。

Photo
●16日は、メルーの試写会に行ってきました。メルーは、インドヒマラヤ、ガンゴトリ山群ある険しい山です。

素晴らしい景色、迫力あるクライミングシーンもさることながら、数々の困難を乗り越え、メンバー同士が絆を深め、最後まで諦めることなく、初登する人間関係も感動するところです。12月31日公開なので、時間のある方は、鑑賞するといいと思います。

Photo_2

|

2016年11月 8日 (火)

子持山+布岩+鳥甲山+飯士山

●文化の日は、飯士山に行く予定でしたが、運悪く新潟方面のみ悪天候の予報。

そこで、新しくマルチラインが開拓された、子持山・獅子岩に変更しました。既成のラインよりもややグレードは高く変化に富んでおり、なかなか面白いルートでした。休日にもかかわらず既成ラインも含めクライマーは誰もいなく、静かな自然の中で思う存分クライミングを満喫できました。

Dscf8501

Dscf8502

Dscf8510
●11月5日は、秘境・秋山郷にある布岩を登りに行きました。

布岩は、高い所で100メートル近い巨大な壁です。クラックは無数にあるのですがブッシュが凄まじく登れるルートは限られます。しかし、5.8~5.9程度の質高いハンドクラックがあり、ジャミングのいい練習になります。

Dscf8519

Dscf8528

Dscf8533
●6日は、秋山郷に聳える名峰「鳥甲山」の登山に出掛けました。

前日の快晴と半袖で登れるような陽気とは打って変わり、朝から冷たい雨が降っています。7時くらいには止んで回復傾向の予報でしたが、終日の雨となりました。1500メートルを超えるあたりからは、雪も出てきましたが予定通りお昼過ぎには登頂。

Dscf8549

Dscf8551
●11月7日は、8日が雨天模様なので明星山・左岩稜を1日繰り上げて実施しました。しかし、小滝川に降り立つと水量がものすごいので中止、飯士山に移動しました。飯士山の負欠スラブは、易しいですが快適なスラブ登りが出来る8ピッチのルートです。ハイライトの負欠岩の山頂から絶景が楽しめます。

Dscf8570

Dscf8583

|

2016年11月 2日 (水)

古賀志山+日和田山+開拓

●10月29日から30日にかけて、古賀志山でクライミング講習会を開催しました。

29日、午前中は真夏のような暑さ、しかし、午後からは冬のような寒さになる驚きの気温変化でしたが、天候に恵まれ競技会ルートなど7本から8本登れました。30日は、参加人数が多いので橋尾ガイドにも来ていただき、比較的すいているマラ岩にて登りました。変な天候でしたが、パンプするまで登れた2日間でした。

Dscf8460

Dscf8461

Dscf8465

Dscf8475

●10月31日は、Tさんの個人ガイドで日和田山に行きました。

今回は、来週予定している明星山、P6南壁・左岩稜の特訓です。左岩稜の3ピッチ目は、前傾壁の人工登攀になるからです。左岩稜は、岩も固く、素晴らしい登攀ルートです。特訓の成果で、快適に登れると思います。楽しみです。

Dscf8477

Dscf8482
●11月1日は、プライベート山行です。

とあるところに見つけた見栄えのいい長大な岩稜を、ルート開拓のパートナー松原ガイドを誘い行ってきました。クラックが使えそうなので、いきなりオンサイトでロープを伸ばしルートを開拓することにしました。7ピッチ、ツルベで登り本日は終了。最後まで登れば15ピッチくらいの快適なリッジルートになりそうです。全く手つかずの岩に、オンサイトでロープを伸ばす、これ最高ですね。

Dscf8490

Dscf8493

|

2016年10月24日 (月)

スペイン・カタロニアクライミング

●10月15日、羽田をフライト、ドバイ経由でスペイン・バルセロナに到着。

ロンドンから参加のMさん、バルセロナ在住のクライミングガイド、サージと合流。今回は、レイダエリアにあるいい雰囲気の田舎町「アジャ」のホテルをベースに登ることにする。

まずは、シングルピッチで足慣らし、町から見える人気のマルチピッチ「ノクターン」を2パーティーに分かれクライミング。ルートの面白さ、眺め、天気とも最高でもう大満足。

カタリニアの中で、レイダエリアに絞っても驚くほど広く、限りなく岩があるので、毎日異なるエリアで、シングルピッチとマルチを交互に登る。時間が余った時は、昼でも暗いコルジュ探検と盛りだくさんの6日間は、あっという間に過ぎ23日無事帰国。

来年は、サージお勧めのノルウェークライミングです。

Dscf8320

Dscf8335

Dscf8340

Dscf8368

Dscf8391

Dscf8399

Dscf8414

Dscf8458

|

2016年10月12日 (水)

甲斐駒・鋸縦走

●3連休は、甲斐駒・鋸岳の縦走に橋尾ガイドにも来ていただき行ってきました。

天気予報では、何と8日~9日にかけ雨天模様。しかし、今回の計画は、3日目が核心の鋸岳縦走、2日目が大荒れで無ければ、特に問題ない。予定通り開催する。

8日は雨の中、北沢峠こもれび荘に入山。

9日、7時、天候は回復模様なので、かなり強い降りの中、予定通り出発。双子山に着く頃には、風も弱まり雨も止んでくる。読み通りなのでうれしくなる。甲斐駒を越え6合目小屋へ入山。

10日、4時起床、5時30分、出発。快晴の山は、何と言っても最高である。10時30分、スリル満点の岩稜を越え鋸岳登頂。北アルプス白馬岳まで見渡せる絶景を楽しみ、長い角兵沢を下降した。

Dscf8183

Dscf8191

Dscf8205

Dscf8212

Dscf8254

Dscf8256

Dscf8266

|

2016年10月 5日 (水)

小川山

●10月2日から3日にかけて、北岳バットレスに行く予定でしたが、3日が雨天模様なので2日のみ日帰りで小川山の人気マルチ「セレクション」を登りに行きました。

本来ならこの時期秋晴れのはずですが、毎週、最悪の予報なので岩場は空いていました。早朝は、小川山でも雨が降ったようですが、雨は止み快晴の中、爽快に登ること出来ました。何回登ってもセレクションは、変化に富んでいて面白いですね。

時間が余ったので、ソラマメスラブでクライミングを楽しんで終了。空の青さに驚いた1日でした。

Dscf8089

Dscf8095

Dscf8106

Dscf8119

Dscf8116

|

2016年9月29日 (木)

日和田山

●雨天の為、中止になっていた日和田山に久しぶりに行ってきました。

長雨が続いていたので岩の状態はあまり良くないのですが、問題ない範囲でクライミングが楽しめました。予報の通り2時頃からは降りだしたのですが、男岩西面のバルジやステミングコーナーなど6本ほど登れました。

Dscf8081

Dscf8082

◆今週末は北岳バットレス、来週、水曜日は日和田ではなく、マルチの越沢バットレスに行く予定です。

|

«六百山