2017年1月30日 (月)

モンチュラ登山教室

●1月28日から29日にかけ、岩根山荘「アイスツリー」にて第16回モンチュラ登山教室を開催しました。

先週、JGAUのアイスイベントは、かなり寒かったのですが、今週は暖かく快適な2日間でした。初日は、初心者と経験者に分け講習。夜は、恒例の大抽選会を開催、2日目は、リードやムーブ解決など、テーマごとに分け講習会を行いました。参加者45名と盛大な登山教室となりました。第17回は、11月に小川山で開催します。

Dscf1036

Dscf1040

Dscf1034

Dscf1041
◆2月3日から12日まで、イタリア・アイスクライミングツアーに出掛けます。

|

2017年1月24日 (火)

JAGU+醤油樽+美濃戸口アイス

●1月21日から22日にかけて、岩根山荘のアイスツリーで岩根山荘とJAGUのアイスイベントを開催しました。

氷結が心配だったのですが、岩根のオーナー上田さんの努力の甲斐あって、写真のように立派なアイスに発達していました。おかげで42名の参加者が、アイスアックスで叩いてもビクともしませんでした。

Dscf1002

Dscf1004
●23日は、湯川の予定だったのですが、氷結が心配だったので醬油樽の滝でアイスクライミング講習会を開催。今回はリードをテーマに講習しました。

参加のKさんは、補助が無くても安心してリードできる感じでした。アイスクライミングは確実にプロテクションを取りながら登り、ルートを読みながら落ちない登りをすることが重要です。

Dscf1005

Dscf1010

Dscf1012

●24日は、Yさんの個人ガイドで美濃戸口のアイスを登りに行きました。

Yさんは、何回か美濃戸のアイスを登り慣れているので、リードして確実にトップロープを張る、単独でフィックスロープを使いアイスを登ることを今回の目的としました。いい感じで習得できているので、ニアミスをしないように十分気を付けて、アイスクライミング楽しんでください。

Dscf1019

Dscf1027

Dscf1031
◆今週末は、モンチュラ登山教室で岩根山荘アイスツリーです。翌日は唐沢の滝の予定です。

|

2016年12月28日 (水)

八ヶ岳+奥多摩

●連休は、八ヶ岳に入山しました。

23日は、赤岳鉱泉に入山。24日は、5時に起床して6時鉱泉出発。一番で裏同心ルンゼに取り付いたので、何と10時過ぎには鉱泉に戻って来れました。22日は、大雨で氷が解けたとのことでしたので、氷結が心配でしたが、問題なく初アイス満喫できました。

25日は、昨日の裏同心の氷結なら問題ないと判断、峰ノ松目沢に入山。ハイライトである最後の滝まで快適に登れました。しかし、懸垂下降で降りてくるころには、気温が高く、日が当たるためF4はかなり溶けてしまいました。

Dscf8796_1

Dscf8805_1

●26日は、Iさんの個人ガイドで、12月15日に引き続き奥多摩のとある岩場に行きました。

前は、ワンテン入った看板ルート(5.11a)を今回はマスター一撃、おめでとうございます。岩質はチャートで、かなり被っているため、なかなか面白いお勧めルートです。

Dscf8807_1
●カメラの調子が悪く、写真ほとんど撮れませんでした。真っ白く雪化粧した八ヶ岳の写真撮れないで残念な思いです。

◆正月山行は、蝶ヶ岳です。年明けは城ヶ崎になります。

皆様、良いお年をお迎えください。来年もバッチリ登りましょう!

|

2016年12月21日 (水)

日和田山

●秋から3回続けて雨天のため中止にした日和田山に本日行ってきました。

12月下旬にもかかわらず暖かく快適なクライミング日和となりました。今までの悪天候を取り返したような抜けるような青い空です。岩場も空いていたので登り放題、男岩南面でアップ後、クラックルート、バルジ、ステミングコーナーなど登りました。

Dscf8785

Dscf8790

Dscf8793
◆連休は、今シーズン初のアイスで八ヶ岳・赤岳鉱泉に入ります。

|

2016年12月19日 (月)

奥多摩と谷川岳

●12月15日は、個人ガイドで、奥多摩のとある岩場に行ってきました。

北川を小さくしたようなチャートの岩で、日当たりが良いのでこの時期でも暖かいのが嬉しいですね。ハングを巧みにトラバースしながらトップアウトする看板ルート(5.11a)はなかなか面白いルートでした。

Dscf8752

Dscf8753
●12月18日は、日帰りで谷川岳天神尾根に行ってきました。

悪天候が続いていたようで天神平で積雪は120㎝。晴天に恵まれたシーズン初めなのでかなり多くの登山者が入山していました。午前中は突風が吹き荒れていたのですが、昼からは、風も止み最高の登頂日和となりました。

Dscf8758

Dscf8766

Dscf8771

Dscf8777

Dscf8774

●21日は、日和田山、連休は八ヶ岳でアイスクライミングです。

|

2016年12月11日 (日)

ラオス

●12月2日から本日(11日)まで、ラオス、ターケークにクライミングに行ってきました。

昨年からルートも50本増えなんと321本、巨大そして質の高いエリアに成長。岩の整備だけではなく、キャンプ場やバンガローの建築など、開拓者の方々の行動力には頭が下がる思いです。

今回参加のKさんは、昨年に続き2回目のターケークでマンツーマンの為、新エリアでクライミングを楽しんだ後、昨年の課題をリード、そして絶景のマルチピッチと盛りだくさん。最終日の「Jungle Drum(6a+)」のフラッシングは、なかなか立派なものです。お疲れ様でした。

Dscf8697

Dscf8714

Dscf8724

Dscf8729

Dscf8732

Dscf8744

●今週は、日和田山と奥多摩の岩場、週末は谷川岳です。ラオスに慣れたので寒さ厳しそうですね。

|

2016年11月29日 (火)

湯河原・幕岩

●11月26日は、日帰りで湯河原幕岩に行ってきました。

予定では、2日間の講習会だったのですが、日曜日が大荒れ予報だったので日帰りに変更。結構混んでいましたが、桃源郷、アリババ周辺で登りました。桃源郷は、能率良くロープをセットできるので、5.7~5.10bまで9本登り指の皮が痛くなったので終了。

お疲れ様でした。

Dscf8668

Dscf8670

Dscf8673

Dscf8674
◆明日は、四谷の山の店「デナリ」で、登山学校、机上講習会です。

12月2日から12月11日まで、ラオス・ターケークにクライミングに行きます。

|

2016年11月23日 (水)

星穴岳

●11月23日は、妙義山・星穴岳に行ってきました。

金剛山・西岳最後の岩場で、右方向に新しいボルトが打ってあったので、直登は避け登ると、どうやら、西岳から北方向に延びる尾根に出るようです。下降ロを確認しているとなんと、高校山岳部同期の岳友Tさんに会い、これはビックリ。

星穴岳まで縦走し、ハイライトの空中懸垂20mで「射き穴」に下降、さらに40m下降して下山路に合流、時間が早いので「むすび穴」を往復、中之岳神社に戻りました。

夜から雪になるとは思えない晴天に恵まれた5時間の楽しいハイグレードハイキングでした。

Dscf8643

Dscf8646

Dscf8647

Dscf8655

Dscf8657

Dscf8660

Dscf8665
●今週末は、湯河原・幕岩と南伊豆・妻良のマルチです。だけど、日曜日天気悪そうですね。

|

2016年11月22日 (火)

大堂海岸

●11月18日から22日にかけ、高知県・大堂海岸に行ってきました。

4日間のクライミングで2日間雨に降られましたが、日当たりの良い花崗岩なので、すぐに乾いて登れるところが嬉しいですね。黒潮が洗う明るい磯に、白い花崗岩の壁がそそり立っています。日本離れしたロケーションの中で、質の高いクラックを登るのは、本当に楽しいものです。

Dscf8618

Dscf8624

Dscf8632

Dscf8637
◆明日は、妙義山・星穴岳に行ってきます。

|

2016年11月17日 (木)

モンチュラ+廣瀬ダイレクト+それいけ避難小屋+メルー

●11月11日から12日にかけ、第15回モンチュラ登山教室を小川山にて開催しました。

初日は、クライミング経験のない方は、フェニックスの大岩、経験者はガマスラブ周辺で講習会を開催しました。夜は、全員にモンチュラ製品が当たる恒例の大抽選会。2日目はストリームサイドエリアでクライミングを楽しみました。

今回は34名のご参加と盛大でした。次回16回は、岩根山荘の人工アイス「アイスツリー」で開催します。是非、お越しください。お待ちしています。

Dscf8589

Dscf8591

Dscf8593
●14日は、小川山唐沢岩峰群にある廣瀬ダイレクトを登りに行きました。

4ピッチのマルチルートと短いですが、ランナウとするスラブや最後の手ごわいクラックなど変化に富んでおり、なかなか面白いお勧めルートです。

Dscf8596

Dscf8598
●橋尾歌子さんが、山と渓谷に連載している「それいけ避難小屋」に、甲斐駒、鋸縦走の模様が描かれています。橋尾さんらしい楽しいイラストと文章です。

詳しくは、今月号のヤマケイ(12月号)を読んでみてください。

Photo
●16日は、メルーの試写会に行ってきました。メルーは、インドヒマラヤ、ガンゴトリ山群ある険しい山です。

素晴らしい景色、迫力あるクライミングシーンもさることながら、数々の困難を乗り越え、メンバー同士が絆を深め、最後まで諦めることなく、初登する人間関係も感動するところです。12月31日公開なので、時間のある方は、鑑賞するといいと思います。

Photo_2

|

«子持山+布岩+鳥甲山+飯士山