2018年5月23日 (水)

劔・源次郎尾根+宝剣岳東壁・中央稜

●5月19日、剣御前小屋に入山。

20日は、3時起床、4時発。昨日までの悪天は去り、最高の天気。締まった雪面を源次郎尾根取り付きまで下降。残雪は少ないが、さすが、豪雪の剱岳。鋭い雪稜に緊張しながら10時過ぎ無事登頂出来た。

Dscf3305

Dscf3314

Dscf3319

Dscf3324

Dscf3325
●21日、室堂へ下山。そのまま、千畳敷に入山。Kさんと合流。

22日は、晴天の中、宝剣岳・中央稜の個人ガイド。ルート上は雪が無いのでアイゼンを外し登ることが出来る。6ピッチと短いが、登りがいがあり、終了点が山頂という豪快なルート。リベンジ出来て良かったですね。

Dscf3332

Dscf3330

Dscf3341

Dscf3344
◆今週末も源次郎尾根です。今シーズン最後の雪山です。

|

2018年5月16日 (水)

小川山+東俣沢

●5月12日から13日にかけ、小川山でクライミング講習会を開催。14日は、東俣沢の絶景岩稜を登って来ました。

今回は、参加人数が多いので、イラストレーターでもあり登山ガイドの橋尾歌子さんに来ていただきました。

12日は、最高の天気の中、父岩で、タジヤンⅡ、岩壁の父、小川山ストーリーなど登りましたが、他には誰のいないので登り放題。パンプして終了。14日は、午後から雨天模様なので早起きしてソラマメスラブへ。昨日同様、誰もいないので登り放題。お昼くらいに、いよいよ怪しい天候になる。岩根山荘のクライミングジム「オンサイト」へ移動。登るだけではなく、「むすび替え」なども講習。かなり登れた2日間でした。お疲れ様です。

Dscf3253

Dscf3260

Dscf3262

Dscf3272

Dscf3280
●14日は、易しいけど10ピッチある岩稜クライミングです。

昨日の豪雨は、明け方までに上がり、晴天の中の絶景クライミングは快適そのもの。2パーティーに分かれクライミング。こういうの最高に楽しいですね。

Dscf3285

Dscf3286

Dscf3293

Dscf3298
◆今週末は、劔・源次郎尾根を登りに行きます。

|

2018年5月 1日 (火)

穂高・コブ尾根

●4月28日から29日にかけ、穂高・コブ尾根を登りに行きました。

28日、岳沢へ入山。今年はかなり雪解けが進み、5月末くらいの感じである。

29日、3時起床、4時発。星空の中、締まった雪にアイゼンを利かせての登行は気持ちいものだ。10時、無事にコブ尾根の頭に到着。白山、南アルプス、八ヶ岳など遠望できる。

GWの雪山は最高ですね。お疲れ様でした。

Dscf3198

Dscf3209

Dscf3216

Dscf3220

Dscf3226

Dscf3228

Dscf3229
◆GWの後半は、利尻岳を登りに行きます。

|

2018年4月25日 (水)

小川山・烏帽子左稜線

●4月21日から22日にかけて、今シーズン初、小川山でクライミング講習会を開催。

久し振りの花崗岩なので、ガマズラブ周辺とストリュームサイドで登りました。

23日は、小川山最長のマルチルート「烏帽子左稜線」を登りに行きました。易しいけど素晴らしい眺めです。ルートもスラブ、クラック、岩稜と変化に富んでいてお勧めです。3日間とも晴天に恵まれ、快適なクライミング満喫できました。

Dscf3158

Dscf3159

Dscf3163

Dscf3166

Dscf3170
◆GWの前半は穂高岳、後半は利尻岳に行きます。

|

2018年4月17日 (火)

伊豆のクライミング

●3月7日は、伊豆城山の南西カンテを登りに行きました。

恐ろしく風が強く、日差しは強いのですが日陰ではかなり寒く、まさに「風に吹かれて」でした。時間が余ったので、帰りにシングルピッチを楽しんで終了。雲見温泉に移動。

Dscf3039

Dscf3041

●14日は、妻良・モクマオウを登りに行きました。

数年前に開拓されたルートで、弱点を突いているためブッシュが多いですが、大自然の中でアルパイン的なクライミングは、やはり楽しいですね。

Dscf3052

Dscf3055

Dscf3064

●先週に引き続き、今週も伊豆でのクライミングです。

今回は、クラックのマルチルート「海金剛・スーパーレイン」を登りに行きました。色んなサイス、色んな形態のクラックが連続して出てきます。シングルピッチなら5.9程度なのですが、マルチでは、クラックに慣れていないとなかなか手ごわく感じると思います。

Dscf3094

Dscf3103

Dscf3095

Dscf3116
◆明日から個人ガイドで八ヶ岳に行きます。今週末は、今シーズン初の小川山でのクライミング講習会です。

|

2018年4月 2日 (月)

古賀志山

●3月31日から4月1日にかけ、古賀志山でクライミング講習会を開催しました。

今回もイラストレーター&登山ガイドの橋尾さんに来ていただきました。両日とも最高の天気で、ガイド2名体制でしたので、能率よく登ることが出来ました。

Dscf3004

Dscf3006

Dscf3008

Dscf3011

Dscf3013

Dscf3019

◆今週末は、伊豆城山とモクマオウです。

|

2018年3月29日 (木)

日和田山

●昨日は、日和田山でクライミング講習会を開催しました。

今回は、参加人数が多かったので、登山ガイド&イラストレーターの橋尾歌子さんにも来ていただき、午前中は男岩にて登りました。午後からは、グレードを上げ女岩・西面右ルート、滅多に登らないニューレフトなどを登り、パンプして終了。

アイスクライミングが出来る八ヶ岳とは大違い、汗ばむよう陽気でした。

Dsc_0779

Dsc_0746

Dsc_0747

Dsc_0749
◆今週末は、古賀志山でクライミング講習会を行います。

|

2018年3月27日 (火)

八ヶ岳・中山尾根

●3月24日は、赤岳鉱泉に入山。

25日、4時起床、5時鉱泉発。快晴、気温はマイナス8度。21日の大雪で、新雪が50センチ近くある。アプローチは先行パーティーのトレースがあり助かる。

取り付き手前からトップになったので、第一岩壁は、雪を落としながらのクライミングとなる。緩傾斜帯は、膝までのラッセルとなり、リアルな冬期登攀となった。それでも10時には中山尾根を登りきることができた。時間が余ったので赤岳に登頂。お疲れ様でした。

Dscf2977

Dscf2983

Dscf2986

Dscf2987

Dscf2989
◆明日は日和田山、、今週末は久しぶりに古賀志山です。

|

2018年3月19日 (月)

白毛門・雪洞山行

●3月17日は、白毛門の登山口に雪洞を建設。

呑み会スペースもある7人用の巨大雪洞をみんなで力合わせ完成。そのあと、雪崩対策でビーコントレーニングと埋没体験をする。

18日は、4時起床。6時雪洞発。雪の状態は良く1100mの急登も登り易い。山頂からは一ノ倉沢の迫力ある眺めと富士山まで遠望できた。天気に恵まれた楽しい山行であった。

Dscf2948

Dscf2957

Dscf2960

Dscf2966

Dscf2972

●今週末は、今シーズン最後の八ヶ岳で、中山尾根に登りに行きます。

|

2018年2月26日 (月)

明神2263峰南西氷柱

●2月25日は、釜トンネルから明神・山のひだやに入山。

天気予報とは大違い吹雪の入山となる。昨年もほぼ同じ時期に登りに来たが、今年の山は厳冬期の装いである。

26日、8時、取り付き。凍結はいまいちで昨年とは大違い、一応氷柱は繋がっているように見える。2ピッチ登りハング下でピッチを切る。何と50cmほど氷柱は浮いており、かなり薄い裏が透けて見えるほどである。登ると間違いなく崩壊するだろうと判断。諦めて懸垂下降する。

Dscf2797

Dscf2804

Dscf2806

Dscf1141
●下の写真は、昨年2月のものです。

|

«ノルウェーアイスクライミング