« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月24日 (月)

スペイン・カタロニアクライミング

●10月15日、羽田をフライト、ドバイ経由でスペイン・バルセロナに到着。

ロンドンから参加のMさん、バルセロナ在住のクライミングガイド、サージと合流。今回は、レイダエリアにあるいい雰囲気の田舎町「アジャ」のホテルをベースに登ることにする。

まずは、シングルピッチで足慣らし、町から見える人気のマルチピッチ「ノクターン」を2パーティーに分かれクライミング。ルートの面白さ、眺め、天気とも最高でもう大満足。

カタリニアの中で、レイダエリアに絞っても驚くほど広く、限りなく岩があるので、毎日異なるエリアで、シングルピッチとマルチを交互に登る。時間が余った時は、昼でも暗いコルジュ探検と盛りだくさんの6日間は、あっという間に過ぎ23日無事帰国。

来年は、サージお勧めのノルウェークライミングです。

Dscf8320

Dscf8335

Dscf8340

Dscf8368

Dscf8391

Dscf8399

Dscf8414

Dscf8458

|

2016年10月12日 (水)

甲斐駒・鋸縦走

●3連休は、甲斐駒・鋸岳の縦走に橋尾ガイドにも来ていただき行ってきました。

天気予報では、何と8日~9日にかけ雨天模様。しかし、今回の計画は、3日目が核心の鋸岳縦走、2日目が大荒れで無ければ、特に問題ない。予定通り開催する。

8日は雨の中、北沢峠こもれび荘に入山。

9日、7時、天候は回復模様なので、かなり強い降りの中、予定通り出発。双子山に着く頃には、風も弱まり雨も止んでくる。読み通りなのでうれしくなる。甲斐駒を越え6合目小屋へ入山。

10日、4時起床、5時30分、出発。快晴の山は、何と言っても最高である。10時30分、スリル満点の岩稜を越え鋸岳登頂。北アルプス白馬岳まで見渡せる絶景を楽しみ、長い角兵沢を下降した。

Dscf8183

Dscf8191

Dscf8205

Dscf8212

Dscf8254

Dscf8256

Dscf8266

|

2016年10月 5日 (水)

小川山

●10月2日から3日にかけて、北岳バットレスに行く予定でしたが、3日が雨天模様なので2日のみ日帰りで小川山の人気マルチ「セレクション」を登りに行きました。

本来ならこの時期秋晴れのはずですが、毎週、最悪の予報なので岩場は空いていました。早朝は、小川山でも雨が降ったようですが、雨は止み快晴の中、爽快に登ること出来ました。何回登ってもセレクションは、変化に富んでいて面白いですね。

時間が余ったので、ソラマメスラブでクライミングを楽しんで終了。空の青さに驚いた1日でした。

Dscf8089

Dscf8095

Dscf8106

Dscf8119

Dscf8116

|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »