日本の山

2018年6月 7日 (木)

佐梨・4スラ

●プライベートで、山仲間でありガイド仲間の橋尾歌子さんと佐梨・4スラを登りに行きました。

昨年は、何と駒の湯に着いたら雨が降り出し中止。今年は、最高の晴天の中、スリル満点の鉱山道をアプローチ。一番見栄えのいい4スラを登ることにする。ここから見ると取りつきのシュルンドは、ほんの僅かに見える。

翌朝5時、40mの懸垂下降で金山沢の雪渓に降りる。標高は、800mにも満たないが、さすが豪雪の山、信じられない量の雪渓である。4スラの取り付きに行くと巨大なシュルンドで、とても壁に移ることが出来ない。500mほどある巨大な壁の為、距離感がつかめず、昨日は問題なく見えたのだ。

2スラ付近なら壁に取り付けそうである。橋尾に確保してもらい40m登る。ここから3スラをトラバース、2ピッチ90mで第4リッジに出ることが出来た。支点を作り45mの懸垂下降、やっと4スラ2ピッチ目付近に降り立った。

下部スラブは易しいが、プロテクションどころか、支点も全くない。その為、セカンドと言えども落ちることは許されず、緊張感満点である。250m以上登るとやっと中央バンドに到着。ここからは傾斜も増し、フリーでは登れないピッチも現れる。やばいフリーと人工で何とか上部壁を登りきる。ここまで17ピッチ。さらに驚くほど急なブッシュを2ピッチ登ると正面尾根に到達。

2人分のビバーク用具が詰まった大きなザックを背負い19時橋尾が到着。今日は、これにて終了。翌日、二人とも登ったことのない越後駒ヶ岳の遠い頂上を目指す。

4スラは、忘れかけていた本気(マジ)クライミングを思い出させてくれた。

Dscf3417

Dscf3420

Dscf3422

Dscf3430

Dscf3432

Dscf3436

Dscf3443

Dscf3444

Dscf3470

Dscf3481

|

2018年5月23日 (水)

劔・源次郎尾根+宝剣岳東壁・中央稜

●5月19日、剣御前小屋に入山。

20日は、3時起床、4時発。昨日までの悪天は去り、最高の天気。締まった雪面を源次郎尾根取り付きまで下降。残雪は少ないが、さすが、豪雪の剱岳。鋭い雪稜に緊張しながら10時過ぎ無事登頂出来た。

Dscf3305

Dscf3314

Dscf3319

Dscf3324

Dscf3325
●21日、室堂へ下山。そのまま、千畳敷に入山。Kさんと合流。

22日は、晴天の中、宝剣岳・中央稜の個人ガイド。ルート上は雪が無いのでアイゼンを外し登ることが出来る。6ピッチと短いが、登りがいがあり、終了点が山頂という豪快なルート。リベンジ出来て良かったですね。

Dscf3332

Dscf3330

Dscf3341

Dscf3344
◆今週末も源次郎尾根です。今シーズン最後の雪山です。

|

2016年11月17日 (木)

モンチュラ+廣瀬ダイレクト+それいけ避難小屋+メルー

●11月11日から12日にかけ、第15回モンチュラ登山教室を小川山にて開催しました。

初日は、クライミング経験のない方は、フェニックスの大岩、経験者はガマスラブ周辺で講習会を開催しました。夜は、全員にモンチュラ製品が当たる恒例の大抽選会。2日目はストリームサイドエリアでクライミングを楽しみました。

今回は34名のご参加と盛大でした。次回16回は、岩根山荘の人工アイス「アイスツリー」で開催します。是非、お越しください。お待ちしています。

Dscf8589

Dscf8591

Dscf8593
●14日は、小川山唐沢岩峰群にある廣瀬ダイレクトを登りに行きました。

4ピッチのマルチルートと短いですが、ランナウとするスラブや最後の手ごわいクラックなど変化に富んでおり、なかなか面白いお勧めルートです。

Dscf8596

Dscf8598
●橋尾歌子さんが、山と渓谷に連載している「それいけ避難小屋」に、甲斐駒、鋸縦走の模様が描かれています。橋尾さんらしい楽しいイラストと文章です。

詳しくは、今月号のヤマケイ(12月号)を読んでみてください。

Photo
●16日は、メルーの試写会に行ってきました。メルーは、インドヒマラヤ、ガンゴトリ山群ある険しい山です。

素晴らしい景色、迫力あるクライミングシーンもさることながら、数々の困難を乗り越え、メンバー同士が絆を深め、最後まで諦めることなく、初登する人間関係も感動するところです。12月31日公開なので、時間のある方は、鑑賞するといいと思います。

Photo_2

|

2010年12月21日 (火)

甲斐駒・黄蓮谷左俣アイスクライミング

005


013


014


017


020


022

・18日から20日にかけ、2泊3日で、甲斐駒黄蓮谷・左俣に、アイスクライミングに行きました。12月13日~14日にかけて降った雨で、八ヶ岳の氷も解けたので、氷の状態が心配でした。「その後の冷え込みで最高の状態」と7丈小屋のT氏より連絡をいただき、18日は予定通り入山。
・19日、6時発。天気はよく、風もなく、期待に胸を膨らませ、黄蓮谷へ下降。ほとんど雪はなく、氷が露出しており、近年にない最高の状態。大滝は、60mなのですが、上部のナメ滝も完全に出ているため、なんと100m3ピッチで登りきる。やはり、最高の状態のアルパインアイスは面白い。

|

2009年1月 4日 (日)

冬・劔

●明けましておめでとうございます。

・今年も山、岩、氷、国内、海外問わず、安全に楽しくバリバリと登り、思い出に残る山行をしましょう!

・昨年12月31日から昨日まで、劔・早月尾根に行ってきました。

・31日は、馬場島まで入山。馬場島荘は、新築されてから冬でもテレビが見られ、お風呂にも入れます。冬の劔とは思えない快適さです。

・元日は、早月小屋まで入山。昨年は、大雪で6時間ラッセルしても1600m地点までしか届かないきませんでした。今年は、前日入山の強力なKガイドグループのトレースが薄く残っていたため、7時間少々で早月小屋へ無事入山できました。5年ぶりにやってきましたが、ここまで来るとさすがに冬劔です。

・2日は、2600mまで登りましたが、吹雪のため、残念ですが、ここから下山しました。

・3日は、さらに雪は増え6mほどにも、2階建ての小屋がわずかに顔を出す程度です。かすかに残っているトレースを追いながら下山しました。

  ←クリック応援よろしくお願いします。

Imgp3057 Imgp3058 Imgp3063 Imgp3064 Imgp3065 Imgp3069

|

2008年12月29日 (月)

日和田山+城ヶ崎+海金剛+阿弥陀岳

・12月23日は、今シーズン最後の日和田山に行ってきました。天候に恵まれ快適に登れました。次回の日和田山は来年3月です。

・24日は、W姉妹のIさんと個人ガイドで城ヶ崎へ。リードの練習をしました。なかなか良い登りでした。リードできるようになるとクライミングの魅力も一層深まります。

・25日は、Wさんも参加して海金剛・スーパートリトンへ。このルートは、私とガイド仲間のM氏と開拓したルートです。スーパーレインを登った方にお勧めです。

・翌日は、再びIさんとスーパーレインへ。風が強く寒い1日でした。富士山はもとより雪煙を上げる南アルプス南部の山々も遠望できました。

・週末は、ところ変わって八ヶ岳へ。27日は、良い天候でしたが、28日は、朝から吹雪き模様。遅らせて8時15分発。2回目の冬山とは思えない良いのぼりで鉱泉から鉱泉までで3時間少々でした。

  ←クリック応援よろしくお願いします。

Imgp3022 Imgp3024 Imgp3035 Imgp3037

Imgp3042 Imgp3043 Imgp3045 Imgp3050 Imgp3051 Imgp3053

|

2008年12月22日 (月)

春日渓谷+城ヶ崎+宝剣岳

・12月13日から14日にかけ、春日渓谷に行ってきました。雪は少なく氷結もいいのですが、どういうわけか、F2上の枝沢の滝が凍っていませんでした。15日は、Mさんの個人ガイドでF1で練習したあと上流のルンゼを登ってみました。

・週中は、日和田山(写真ありません)とIさんの個人ガイドで城ヶ崎へ、フィストジャムがポイントの「ゲルニカ」と豪快なハング越えが面白い三ツ星ルート「風にふかれて」を登りました。

・20日~21日は、久しぶりに中央アルプスへ。手軽に本格的な冬山登山が楽しめる宝剣岳を登りました。残念なことに悪天候の登山となりました。

  ←クリック応援よろしくお願いします。

Imgp2999 Imgp3004 Imgp3009 Imgp3013 Imgp3014 Imgp3016 Imgp3018 Imgp3020

|

2008年12月 8日 (月)

八ヶ岳・裏同心ルンゼ

・今シーズン初めてのアイスクライミングは、裏同心ルンゼに行ってきました。

・今年は、氷結は早くアイスキャンディも大同心大滝もバッチリ凍っていました。クライマーが登っているのが遠望できました。

・先週は、かなり吹雪いたようで、大同心は12月としては信じられないほど真っ白でした。 雪化粧した山は、やはり美しいものです。

  ←クリック応援よろしくお願いします。

Imgp2982 Imgp2983 Imgp2984 Imgp2988

Imgp2991 Imgp2992 Imgp2995 Imgp2998

|

2008年12月 3日 (水)

2008年 サミット・沖縄クライミングツアー

●11月27日より4泊5日で、沖縄にクライミングツアーに行きました。今回は、本島の最北端、辺戸岬「宇佐浜」

●ここは、砂浜から良質の石灰岩の岩峰が聳えており、アプローチも車を降りて10分足らず。ルートも5.7から5.13まで揃っています。

●5日間とも晴れで最高のクライミングを満喫できました。

  ←クリック応援よろしくお願いします。

Imgp2890 Imgp2899 Imgp2925 Imgp2938 Imgp2903 Imgp2931 Imgp2939 Imgp2952

Imgp2957 Imgp2959 Imgp2968 Imgp2969 Imgp2976 Imgp2978

|

2008年11月24日 (月)

妙義山・筆頭岩+柴崎ロック+城ヶ崎

●11月15日および17日は、妙義山・筆頭岩に行って来ました。筆頭岩は、岩の脆い妙義山で唯一、岩がしっかりしています。易しいけど5ピッチのクライミングが楽しめます。なんと言っても、その山容と眺めが最高です。

●平日は、個人ガイドで秩父の柴崎ロックに行きました。アプローチも近く、お勧めの石灰岩です。

●連休は、今シーズン初めての城ヶ崎、22日は、あかね浜、23日は、ファミリーエリアに行きました。開放的なシークリフ・クライミングは、最高の天気に恵まれました。

  ←クリック応援よろしくお願いします。

Imgp2844_3 Imgp2884 Imgp2886

Imgp2848_2 Imgp2836_2 Imgp2863

Imgp2865 Imgp2874 Imgp2876 Imgp2877

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

クライミング | 日本の山 | 海外の山